FC2ブログ

何ということもない話


日々の生活の中で、ふと感じた他愛もない話

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

   OLD »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰が痛い、膝が痛いと
痛いところが増えて
家でおとなしくしてる日が多くなった今日この頃

金曜日に久しぶりに外に出ました。
歩くのもゆっくりで
もちろん、階段上るのも降りるのもゆっくりで・・・

それなのに
お知り合いの喫茶店を出て
4~5段の階段の最後の所で足をくねらせてしまい
バタッと、いえ、ドテッと倒れてしまいました。

関節が弱いのか捻挫しやすくて
過去には100回以上捻挫していますが
ここんとこやってなくて喜んでたんですが・・・

あ!やっちゃった!!捻挫だ!!痛い!!

そうでなくても最近は立ち上がるのもやっとなのに
痛さでしばらく立てなかったんです。
くじいた右足首をかばいながら車に乗り帰路につきましたが
アクセル踏むのが痛い!
ブレーキはもっと痛い!!

10分ほど車を走らせてから気づいたのですが
左の膝に違和感・・・
信号待ちでズボンをたくし上げると
すりむいて血が出てました。

捻挫に気を取られて忘れられてた左膝・・・

ズボンが破れなくて良かった~なんてその時は思ってたんですが
時間が経つにつれ痛みが増してきて
行きつけの病院に診てもらった方が良いかな~?と寄ってみると
運悪く休診。

家に帰り着き、とりあえず捻挫には湿布。
擦り傷には消毒と思ったら・・・
子供のいない家に湿布薬はあっても消毒液は無かったのです。

仕方なく、洗うだけにしてガーゼを当てておきました。

ところが、右足はもちろん痛むのですが
左のひざは腫れも出てきて痛くて歩きにくいほどになったのです。

それでも土曜日は、イベントだ何だと病院に行くのも忘れ
月曜日、昨日ですがやっと診てもらいました。

捻挫の方は痛みも薄れていて、左膝の腫れも引いていましたが
膝の痛みは取れなくて
無理しないでおこうとじっとしていたら
両足がむくんできて・・・・

歳だなぁ・・・・・・・と、つくづく感じています。

その痛い足をどこに持っていけば楽だろうと苦心しながら
普段やらなかったホームページの更新などで
ここ数日パソコンに向かっています。

夜久野からの便り

ものぞいてみてください。
スポンサーサイト

新年明けましておめでとうございます

ほんとに三日坊主のブログですが
私のところにも2011年がやってきました。

また一つ、年をとりましたが
私にとっては嬉しいことです。
生まれた時から病弱で
3歳までは大きくならないだろうと言われていたのに
とっくに還暦も過ぎてしまいました。

だから、年が変わるたび
誕生日が来るたび
ありがたいな~って感謝しています。

だから、少しでも人の役に立てるよう
地域のためになるようにって
地域おこしに明け暮れている毎日ですが
今年もまた
土をこねる時間を削って
まちづくりに奔走していることでしょう。


コーラ

初めてコーラを飲んだのは
小学生の時でした。
1950年代ですね~。

姉と二人で
いただき物のコーラの缶を
ワクワクしながら開けたものです。

飲んだとたん
ん?
???
予想外の味と言えばよいのか
とにかく今まで味わったことのない初めての味覚!

腐ってるんじゃないかと思った二人は
ご近所のお姉さんのところに行って
「何か変な味なんだけど
こんなものなん?
腐ってるんやない?」って聞いたら
「コーラって、こんな味なんや。」って。

へ~~?こんな味なんや~~
と思ってから半世紀。
ずっと私の大好きな飲み物です。

若い頃
喫茶店でコーラを注文すると
必ずレモンの輪切りがグラスの口に飾ってあったものです。
ホットコーラも大好きでした。

最近、同年代の人にホットコーラの話をすると
え~~?!と嫌そうな顔で驚かれてしまいました。
飲んだこと無いの?ホットコーラ!!

どんな味?
なんて聞かれても
コーラを温めたような味です。
炭酸が抜けてるので
甘みが増してるかな?
喫茶店で当たり前にメニューの中にありました。

そうそう、我が家の貯金箱は
コーラの1リットル瓶ですよ。
小銭ばかり入ってますが
入れ物は値打ちものです。

初体験3連発

昨日の8月7日
17時01分のことですが
空から何かが落ちてくるのを見たのです。

それは豊岡市で信号待ちをしている時のこと
真正面に何かピカ~っと光るものが落ちているように見える!
“見える”というのは
なにも無い空に
スジをひいて光る物体というのを
今まで見たことが無いので
落ちているように見えるとしか思えなかったということです。

飛行機が落ちてくるってことないよね?
とか
もしかして電線が太陽光を反射しているだけ?
とか
いろんなことを考えたけれど
最後に赤く燃えて
まるで線香花火の芯のように
真っ赤になって消えたので
私の知識では
あれは大気圏に突入して
爆発したか燃えたに違いない
と思ったのです。

あ、このブログの
バックにある流れ星
こんな感じを昼間に見たわけです。

となると、間違いなく宇宙からの落下物!?
隕石!!
どこに落ちた?
豊岡に落ちた?
そんなわけないよね。
きっと遠くに落ちている。
方角は東南東!
どこだろう・・・海の上?
などといろいろ考えながら帰路につきました。

快晴でまだ17時過ぎ
太陽がぎらぎらしている時間に
昼間の流れ星を見たんだろうか?


その日の夜
星好きの人たちが集まったので
夕方見たことを話すと
それは火球かも?
滅多に見られるものではないよ。
隕石がどっかに落ちたかも?
などと
その話題で盛り上がりました。

夜遅くなって
その人たちと星がきれいに見えるところに行こう
ということになって
私が案内しました。

お天気が良かったこともあって
外灯も無いその場所で見たのは満天の星
はっきりと白く
絵の具でも塗ったような天の川
案内した私でさえビックリするくらいきれいな星空でした。
天文の本で見る写真のような天の川に
みんなで感動してしばし見入ったのです。

この場所でこんなにきれいに見えるなら
あの場所ならもっときれいに見えるかも・・・
そう思った私は
もう一か所案内することにしました。
私の自動車に5人乗り
1人はバイクで後から付いてきました。

目的地に着いたので車を停めようとした時
あれ?
後ろから来るのはバイクなのだから
ライトは1個のはず・・・
なんで2個?

ここに着くまでに
うっそうとした狭い道を通った時
誰かが「何か出そうですね。」って。
「ええ~っ!?やめてよ!!」
などと言いながら走ってきたものだから
ぞ~~~~~っ!!

「あ、パトカー」
後部座席の誰かが言ったので
違う意味の恐怖が走ったのです。
なんでこんなところにパトカー?

停まった私の車の横をパトカーが通り過ぎたので
私たちは車を降りて星空を見上げました。
うわ~~!ここはもっときれい!!

ところが
トロトロと通り過ぎて20mほど先で停まったパトカーが
バックしてくる!
私たちに用?

どうやらこんな夜遅い時間に
人気の無いところにいる私たちを不審に思ったらしいのです。
急に後ろにライトを確認したということは
ずっと無灯で尾行していたのかも知れません。

星を見に来ただけと言うと
「この辺は先日、イノシシの目撃情報があったので
気を付けてくださいね。」
と、おまわりさんは去って行きました。


昼間の流れ星と
見たこと無いほどきれいな天の川
そして不審者と間違われた(?)
という
2010年の8月7日は
初体験3連発の日でしたね~。

クッキー、キャンディ、あられ、みかん

初めて犬を飼ったのは1993年。
クッキーに出会った時のことは今でもはっきり覚えています。
手ごたえを感じないほどの軽さで
初対面の私の腕の中に収まっていました。
恵まれない環境で育ったせいか
人の顔色を見るのが得意な子でした。

私たちはそんなクッキーを
家族みんなでかわいがったので
すぐに懐いて家族の一員となったのです。

トイプードルとミニチュアシュナウザーのハーフで
私たちは雑種ではなく「新種」と言っていました。
すっごく可愛い子なんですよ。
グレーの髪はシュナウザー譲りで
クルクルなのはプードル譲り。
走ると、風になびく髪が銀色に光って
高貴な風貌を漂わせていました。

クッキーを喜ばせようと
真夏の焼けたような砂浜に連れて行ったり
花火を見せて怖がらせたり
飛行場の近くまで行って飛行機の爆音を聞かせてしまったり
・・・と
失敗ばかりの私でしたが
クッキーを思う気持ちは伝わっていたようで
クッキーは私が大好きでした。

1年半後にマルチーズのキャンディが家族に加わり
クッキーはお姉さんとして
やんちゃなキャンディに
温かく、寛大な心で接していました。

夜久野に帰ってから柴犬のあられが加わり
クッキーは気の休まる時が無かったようです。

名前を呼べば必ずそばに来て
寝る時もいつも一緒で
悲しい時には慰めてくれて
真っ黒な瞳で
いつもいつも私のことを見ていてくれました。

そのクッキーがいなくなってもう7年が過ぎました。
思い出せば今でも涙がこぼれます。

キャンデイはもう15歳半で
すっかりおばあさんです。
目も悪いし、鼻も耳も利かなくなったようですが
食欲だけは充分あります。
やんちゃはもうしませんが
気の強いところは今も健在。

あられは人懐っこいので
めったなことでは吠えない番犬で
みんなに可愛がられています。

そうそう、クッキーが亡くなった年に生まれたみかん。
三毛猫のみかんですが
まるでクッキーの生まれ代わりのように
その年にフラっと我が家に来て
当たり前のように我が家にいます。

このみかんがまた人懐っこくて
訪問者があれば誰にでもすり寄っていきます。
お客様の膝の上が大好きで
いろんな人の洋服に抜け毛を付けるのが得意です。

うちの子はみんな女の子ばかりで
可愛くてよい子ばかり。
犬や猫の自慢をすればきりが無いのですが
とにかく長生きしてほしい。
それだけです。



プロフィール

ikko

Author:ikko
子供の頃から
作ることが大好きで
洋服やアクセサリーに始まって
今は器も手づくり

作ることを楽しんでいます


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。